辻本俊輔 OFFICIAL SITE|SHUNSUKE TSUJIMOTO

バチカン奇跡調査官が小説で一番好きです!

2213 views
約3分
こんにちわー!


今日は好きな本を紹介したいと思います😆


昨日のしゃべくりで芦田愛菜ちゃん本好きで年間180冊読むって言ってたけどすごいね✨



見習って月3冊は読もうと思ってます☺️


本って自分のストーリーのように読めるから嬉しいです。普通じゃ体験できないことを体験できちゃうもんね笑



ということで、まぁまぁ本は読んできたんですけど、今日は小説の中で好きな本。
バチカン奇跡調査官っていう本の紹介です。


会った人が本好きな人なら、必ず紹介してるやつです😆



読もうと思ったきっかけは、表の絵です。笑


綺麗なモノって手に取ってみたくなる✨



その表紙がこちら↓

辻本俊輔


かっこよくて綺麗な絵。



内容はというと。
ミステリー😆



勧めた人たちもいるけど、難しくて読まれへん。っていう人とめっちゃ面白いって言ってくれる人とに分かれます😶



確かに内容をしっかり読むと理解するのに難しいのかも😶



話それましたか、主なストーリー・あらすじはこちら。


『キリスト教、カソリック信仰者の聖地・バチカン市国。その中に、世界中から寄せられてくる『奇跡の申告』に対して厳密な調査を行い、真偽を判別する機関がある。その機関を『聖徒の座』と言い、そこに所属する神父を奇跡調査官と呼ぶ。天才科学者の平賀・ヨゼフ・庚と、良き相棒にして友人である古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト・ニコラス。美貌の天才神父コンビが、あらゆる『奇跡』を調査し、その裏側に隠された事件と陰謀を暴いていく。』


うん、これだけ読むとえ〜難しそう。ってなると思う。笑


シリーズになってて、いろんな話があるけど、例えば『30mの十字架が海の上でキラキラしながら立ってる光景を約100人が見た』っていう、普段ではありえないことを平賀が科学でロベルトが古文書、暗号を解いて、それが本当に科学で証明出来ないような奇跡なのかを調査する話。

そこには世界を裏であやつる組織とか、悪魔崇拝者みたいなのが絡んでて、殺人とか起こったりする。


んー、説明すんのめっちゃむずい。😶笑


ダン・ブラウンの天使と悪魔みたいな感じかな😆


話も現実に起こってもおかしくなさそうなことやから、余計ハマる✨


あとは、有名な話も出てくるから面白い♫


・ドラキュラ
・ハーメルンの笛吹き
・切り裂きジャック
・ウロボロス


などなど、興味が湧くし読み始めたら止まらない感じ😆


主人公の平賀が男の子やけど可愛い性格なのもgood!笑


1番始めの巻を読みきれば、次からはめっちゃ楽しくなるよっ✨




今は漫画化とかアニメ化もされてるし、人気出てきたんやなぁー!✨



最近出た巻読んじゃったし、続きがはやく読みたいーーー!

辻本俊輔


気になったら是非、手に取ってみてください☺️




Thank you!

Comment

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SOCIAL